携帯キャリア決済を換金するいくつかの方法を紹介!

携帯キャリア決済とは!?

支払いにはクレジットカードや現金、電子マネーと言った方法などを用いることが多いと思います。現在では様々な支払い方式があり、その中の一つにキャリア決済という新しい方式が加わりました。
このキャリア決済はクレジットカードとも電子マネーとも異なる支払い方式となっており、通常の支払い方法とは全く異なるものだと考えなければいけません。そもそもキャリア決済の「キャリア」とは何かわからないと思う人も少なくないと思います。
このキャリアというのは一般的に普及している携帯電話の通信会社のことで、ドコモやau、ソフトバンクやYモバイルのことを指します。
各キャリアでは個別の電話番号を管理しており、自社の提供する電波を利用することで利益を得ています。近年ではインターネットの普及によりネットサービスにも進出しておりスマホや携帯電話から魅力的なデジタルサービスやネットショップなどの運営も行っています。そのサービスを利用する場合、今まではクレジットカードの登録や電子マネーを購入しそれをチャージして支払いを行っていました。
しかしそれでは一定の人しか利用できませんし、電子マネーを購入する手間もかかります。そこで開始されたのがキャリア決済と呼ばれる独自サービスです。このキャリア決済は各キャリアごとにサービスの内容が多少異なりますが、基本的な部分はおおむね同じとなっているサービスです。
どのキャリアにも共通しているのは、電話料金の支払いと一緒にキャリア決済で利用した利用料金の支払いが出来ると言う点で、クレジットカードや電子マネーなどが無くても商品の購入やデジタルサービスの利用が出来るサービスとなっています。

ドコモケータイ払いでAmazonギフト券を購入し現金化

2017.10.11

携帯キャリア決済の特徴

キャリア決済の特徴としては、どのキャリアを利用していても付与されている電話番号に対し一定額の利用が可能になっている点です。このキャリア決済の登場によりスマホや携帯電話さえあれば商品の購入などが出来るようになりましたし、キャリア決済はその場ですぐに代金を支払うわけでは無く、後日電話料金と一緒に合算して支払いが行えるため、すぐに欲しい商品やデジタルサービスを素早く購入・利用することが出来るという特徴があります。
現在では1人1台はスマホや携帯電話を持っていると言われる時代ですので、このサービスの登場により格段に利便性がアップしたと言えるでしょう。基本的にはどのキャリアでもキャリア決済のサービスを提供しているので誰でも利用可能となっていますし、利用に際して特別な申し込みなども必要なく、携帯電話を契約することで利用が可能になるシステムとなっています。
年齢によっては利用制限などもありますが、契約してすぐに一定額の利用が可能になりますし、利用する際には自分で決めた4ケタの番号入力のみで決済が出来ます。近年では生体認証でも決済できるように進化しているので、スマホ利用をしている人には最適な決済サービスだと言えます。

携帯キャリア決済の限度額は?

キャリア決済の限度額は各キャリアにより設定が異なっています。そのためドコモとau、ソフトバンクなどでは限度額に違いが生じることも有ります。
ドコモの場合法人や未成年は最大で1万円まで、それ以外の人は最大5万円までの利用が可能となっています。契約してからの年月でも利用限度額に違いがあり、1~3か月では1万円まで、4~24か月では3万円まで、25か月以降で5万円までの利用が可能になります。そのため契約して日が浅い場合はそれほど高い買い物などが出来ないシステムとなっており、未成年や法人の場合も使いすぎを防止するために1万円以上の利用は出来なくなっています。
auやソフトバンクの場合も基本的なシステムは似ていますが、限度額には大きな違いがあります。ソフトバンクの場合満12歳未満は月最大2,000円、 満20歳未満は月最大2万円、満20歳以上は月最大10万円までの限度額となっています。20歳以上の場合10万円という高額な利用が可能になる点がドコモとの大きな違いと言えます。Yモバイルもソフトバンクグループなので限度額はソフトバンクと同じに設定されています。
auの場合は満12歳未満は月最大1,500円、 満20歳未満は月最大1万円、満20歳以上は月1万円~10万円までと限度額が設定されています。
キャリアによって限度額に違いがありますし、年齢によっても利用できる金額に違いがあるので、自分の年齢とキャリアがどこなのかで、キャリア決済の利便性にも違いが出てくることになります。
満20歳以上であれば5万円以上の利用が出来る為、高額な商品を購入することも出来、その支払いを電話料金と合算して後から払うことが出来ます。
手数料なども発生しませんし、限度額までであれば都度利用も出来るので、少額を分けて利用と言った使い方も出来ます。限度額いっぱいまで利用しても、翌月になればまた設定されている限度額が復活する点もキャリア決済の特徴だと言えるでしょう。

携帯キャリア決済を換金する方法

携帯電話やスマートフォンには、それぞれに携帯決済という決済方法を利用出来るようになっています。この携帯決済は電話料金と一緒に支払いが出来る為、お金がない場合でも商品などの購入が出来ますし、クレジットカードのように契約などを必要としない為、とても利便性が高い優れたサービスと言えます。
この携帯決済を利用し、限度額までの金額を換金する方法も存在しており、スマホなどから商品を購入する際の利用だけでなく、現金を手軽に入手できる方法としても人気が高まっています。
携帯決済は通常の利用法では換金することが出来ないシステムとなっており、あくまでも商品やサービスの利用の支払いにのみ利用可能な決済方法となります。しかしある方法を利用すれば携帯決済を換金することも可能となり、急な出費の際の助けとして利用することも出来ます。
換金方法は大きく分けて3つあり、換金業者を利用し換金する・商品を購入し換金する・amazonギフト券などを購入し換金する方法があります。
それぞれに利用法が違いますので、特徴を理解して換金を試してみると良いでしょう。

PINCOMがAmazonギフト券を販売中止にした理由!

2017.10.06

換金業者を利用する方法

携帯決済を換金する方法として最も手軽なのが、換金業者を利用する方法です。この方法を利用した場合、換金業者の運営するサイトで携帯決済を利用することで、利用金額に応じた換金が可能となります。基本的には換金業者のサイトで商品を購入した形にして代金を携帯決済で行い、代金を受け取った換金業者が手数料を差し引いた金額を指定の口座に振り込む形で換金を行います。
換金業者によって換金率が異なりますが、20%程度の手数料を差し引かれて残りが換金されることになります。5万円の携帯決済を利用した場合、手数料が20%であれば4万円が換金され手元に返ってくる計算となります。サイトを利用すればいつでもすぐに換金することが出来ますし、限度額まで利用した場合でも翌月になればまた換金が可能になる為、手軽に携帯決済を換金できる方法と言えます。業者によっては手数料が高額な場合も有るので、換金業者を選ぶ際に手数料をしっかりと確認することが換金率を上げるポイントとなります。

 

商品を購入し売却する方法

携帯決済では限度額までであれば高額な商品の購入も可能となっています。現在携帯決済を利用出来るサイトは非常に多くなっていますので、それを利用して商品を購入し、購入した商品を買取店などで売却する方法でも換金が可能です。
この商品を購入し売却する方法は、換金業者の利用に不安がある場合には特におすすめの方法です。購入する商品により売却した際の換金率が大きく変動しますが、人気の家電やブランド品などは換金率も高く、場合によっては80~90%程度の高い換金率での売却も可能です。
特にブランド品は換金する際の率が高いので、上手に利用すれば換金業者よりも高い換金が出来ます。ただしこの方法は季節などによっても商品の売却金額が変わりますし、商品の人気によっても換金率が変わります。そのためどの商品が安定して換金できるのかを調べたうえで購入する商品をチョイスしないと、換金率が非常に低くなり手にできる現金が目減りすることも考えられますので注意しましょう。

 

Amazonギフト券を購入し売却する方法

携帯決済の換金としてギフト券を購入しそれを売却する方法もおすすめです。ギフト券は近年利用者が増加している人気の商品であり、その中でも特にamazonギフト券やiTunesギフト券などは利用率も高く換金した際の換金率も高くなる傾向に有ります。携帯決済でamazonのサイトやiTunesサイトの利用は出来ませんが、近年ではギフト券を取り扱っており、なおかつ携帯決済にも対応しているサイトが登場しています。そのサイトを経由すればギフト券の購入もスムーズに出来ますし、ギフト券の場合500円という少額から購入できますので、換金したい金額に応じた利用が可能です。

買取ボブならアカウント登録済のAmazonギフト券も買取できる!

2017.09.14
amazonギフト券やiTunesギフト券はスマホの利用が増加するに応じてその人気がどんどん高まっていますし、それを買い取ってくれる業者も増えてきています。携帯決済で購入したギフト券を買取専門の業者に売却すれば、すぐに現金を振り込んでもらうことが出来ます。ギフト券の換金率に関しては業者により多少の違いはありますが、平均すると額面の80~90%程度での買取をしてもらえます。そのため1000円のギフト券であれば800~900円の換金となります。
5万円購入すれば4万円~4万5千円の現金を手にできますし、amazonギフト券やiTunesギフト券の場合まとめて売却することで業者によっては割増での買取になることも有るのでその点もお得だと言えるでしょう。Amazonギフト券の場合はメール式のギフト券を購入すれば購入後すぐに売却することも出来ますので、急いで換金したい場合には特に便利です。
ギフト券を売却する場合も他の方法と同様に限度額まで買った場合でも、翌月には枠が回復する為継続的な換金も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です